2006年12月02日

本当の酵素の意味

毎日新聞12月1日朝刊の19面の記事で、日頃より思っていた事(よくお店でお話している事)が記載されていました。

リンゴを食べると肥満にならない?!
リンゴのポリフェノールが、脂肪を吸収させにくくする。
????・・・・
タマネギが糖尿病に良い??
結論・・・体重50キロの人ならタマネギを1日50キロ食べたら良い?!!
そんなの食べれるはずもない!
報道に惑わされず、バランスの良い食事を摂って欲しい。って・・・。
これを食べて大丈夫っていうマジックフードはありません。

foods_0142.gif 健康・美容の情報番組が、注目を浴び、最近では『酵素』の特集も組まれるようになってきております。
しかし、『酵素』の情報も誤った情報や理解が多いのが現状です。

酵素とは、タンパク質の一種で生物ではありませんので、『生きている酵素』って文言はおかしいのです。
『醗酵・熟成も長くするほど良い』って云うのも、酵素に関しては誤りです。
 


 醗酵・熟成を長期間して良いのはお酒類です。
ワインを例にとると、赤ワイン・白ワインのどちらにSOD酵素やポリフェノールが多いか?と云えば、『赤ワインにSOD酵素やポリフェノールが多いのです。』
 一般的に醗酵・熟成が長いのが白ワイン。短いのが赤ワインなのです。
飲み口が良いのが白ワイン。赤ワインは、どうしてもぶどう本来の渋み等が残り、決してまろやかだとは云えません。でもぶどう本来の栄養(酵素)が多いのです。
さらにこのような実験報告もあります。


キャベツだけを原料に作った酵素と70種類の野菜を原料に酵素を作りました。
醗酵・熟成を一年行うと、同じ種類の酵素しか検出されませんでした。
70種類もの原料を使う必要がないのです。
 酵母菌が、野菜本来の栄養を食べつくしてしまったのです。酵母菌(微生物)が作る酵素の種類はどうしても少ないのです。
 

酵素は、1つの酵素で1つの働きしか行いませんので、沢山の酵素の種類を摂取する方が良いに決まっています。
醗酵・熟成をできるだけ短かくする方が、多くの種類の酵素を摂取できるのです


あなたは、『野菜本来の酵素を摂りますか?醗酵・熟成を長期間している微生物(酵母菌)の酵素を摂りますか?』

 もう一つ・・・酵素は、熱に弱い?
当社の酵素は、清涼飲料水での登録です。清涼飲料水は、滅菌修理しないと出荷できません。
ビトケン酵素は、60〜70℃で滅菌処理しております。
60〜70℃位の温度では、57種の酵素は破壊されませんので、これからの寒い時期にはお湯割りをお勧めします。
posted by 林 正仁 at 16:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ワインの健康効果」について
Excerpt: トラックバックをお願いします。 「美味しいワイン」はこちらから!! 京橋ワイン ザビエ・ルイ・ヴィトン(XLV)は如何ですか? 思わず感動!の日本酒・本格焼酎・ワイン!【幸..
Weblog: shibaji 健康と栄養のブログ
Tracked: 2006-12-23 21:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。